介護とケアマネの狭間で!

アクセスカウンタ

zoom RSS 6.「主任ケアマネ研修」

<<   作成日時 : 2008/10/11 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、主任ケアマネの研修を受けた。
全部で10日間もある研修だ。

その中で、とても興味あったのは、
沖縄大学の福祉文化学科教授の
上地武昭 先生による、
「コミュニティーソーシャルワーカー」についてだった。

浦添市の事例を紹介していたが、
非常に興味深かった。

何が興味深いかと言えば、
一人のコミュニティーソーシャルワーカーによって、
地域の人々が繋がりあい、活性化していくということ。

やがて公開される映画
「降りてゆく生き方」に通じるものがあった。

これは、様々な公的制度が補えない地域のニーズを
地域住民のために、地域住民によって行なわれる
もっとも効果的な方法だと感じた。

聞く所によると、大阪には、
そのコミュニティーソーシャルワーカーが配属されているが、
財政難により、廃止の対象だという。

地域住民にも、我慢して欲しいとの橋元知事の気持ちだろう。
できれば、自分達で、なんとか助け合って欲しいと
知事は思っていると思う。

でもやがて、財政難でいろいろな福祉が削られるなかで、
住民の問題が山積してくる。

「その問題を、住民自身でなんとかしていこう」
と知事をバックアップしてくれるのが、
実は、このコミュニティーソーシャルワーカーの役目でもある。

だから、
知事は、判断を間違っているのかもしれない。
本当は、削ってはいけない職種なのだ。
地域住民の底力を発掘する仕事だから。

これからは、地域住民が、自分たちで住みよい街づくりを
していく時代となる。

とても、重要な役目を担うことになるだろう。
非常に興味のある講義だった。


 下記をクリックすると、関連ブログが見れます。 

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 老い・老化へ にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6.「主任ケアマネ研修」 介護とケアマネの狭間で!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる