アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
介護とケアマネの狭間で!
ブログ紹介
ケアマネという仕事をしながら、家では母親の介護生活。
そんな中で感じることを綴ってみたいと思います。
zoom RSS

8.「ショートステイの問題」

2008/12/12 12:15
国は、しきりに在宅介護を謳う。
病院の長期入院者を在宅介護へ導くために、
介護保険も創設した。

確かに、介護保険前に比べ、
在宅介護をするためのサービスは、
格段に進歩した。

特に、通所系サービスや、訪問系のサービスの充実、
それに、各家庭の介護の相談役として、
介護支援専門員(ケアマネージャー)が配備されたのは、
介護保険が果たした大きな役割といえるだろう。

これらのサービス利用も、多少の変更等が行われて、
問題はあるものの、在宅介護を支援するという意味では、
全体的な流れは、概ね良好ともいえる。

しかし、ことショートステイについて言えば、
その整備は、遅れていると思われる。


ショートステイの意義は、
在宅介護を支援するサービスの緊急避難的なところである。
これは、介護をする家族の強力な精神的サポートとなる。

家族の急用、息抜き、エネルギー補充など、
その役割は大きい。

今まで、施設サービスを拒んできた家族ほど、
在宅での介護を一生懸命に行い、
心身の限界まで頑張ってしまう傾向がある。

そういう、頑張る家族ほど、最終的には
施設入所を余儀なくされる場合が、多々ある。

これらの、介護燃え尽き症候群を防ぐために、
ショートステイは、かなり大きな役割をする。

家族が介護疲れをしたときには、
「いつでも、施設が代わりに面倒見ます」
その安心感と、休養が、
また在宅介護を続ける意欲へと繋がるのだ。

しかし、ショートステイの現状はどうだろう?
国は、施設に対し、空きベッドを利用した
ショートステイの対応で良しとしている。


施設も馬鹿じゃないから、無駄に空きベッドを作らない。
とすると、誰かが入院でもしないと空きベッドが無い。

そんな状況では、
在宅介護を続けているご家族の希望通りに、
いつでも施設がショートを受け入れる体制が取れない。

ケアマネージャーも、いくつも施設に連絡をとり、
やっと空いているベッドを探し出す。
そして、利用前に、情報提供書を準備し、
担当者会議を行なう。

次利用しようと思ったら、今度はまた別の施設となり、
また、初めから、情報提供書を準備し、
担当者会議を行なう。

こんな、調子では、結局家族の休息どころか、
ショートステイを利用したいと思った時点で、
ストレスを感じてしまう。

国は、本気で、在宅介護を支援しようと思うなら、
入所とは別に、ショートステイのベッド枠を、
各施設に義務付けるべきだと思う。

ショートステイがままならないために、
施設退所を拒む家族が実際に多数いる。

ショートステイが、在宅介護を強力にサポートしてくれるなら、
在宅介護を考える家族も増えることだと思う。

施設によっては、別枠でショートステイのベッドを
手配している場合もあるが、
国は、それに甘んじて、施設任せにしてはいけない。

すべてを、自己責任にするのは、能無し政府のやることだ。

ちゃんと、制度で、在宅介護をサポートすべきである。



下記をクリックすると、関連ブログが見れます。

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 老い・老化へ にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


7.介護の戦い

2008/12/05 16:45
母親を介護していて、思うことは、
介護される方も、する方も試練があるということ。

発作のために、苦しんでいる母親を見るたびに、
いっそのこと、楽にしてあげたいという感情も起ります。

でも、その感情は、
苦しんでいる母親を楽にさせてあげたいからなのか?
それとも、苦しんでいる親を見るのが辛い自分のためなのか?
そんな葛藤も日々経験します。

とにかく、介護する側が、へばったら
かわいそうなのは、介護される方です。

だから、介護すると決めたら、
ある程度、上手にストレスを解消しながらやらないと
長続きしません。

寝たきりの親を10年も自宅で看ていた息子さんから
アドバイスをもらいました。
「あらゆるサービスを使いなさい」と
そして、
「家族も楽しみを犠牲にしないようにしなさい」と

その上手い調整があって、
親身になって、疲れずに介護を続けることができるのです。

私が、実際に介護して感じたことは、
あるていど、感情を押し殺すということです。
つまり、苦しんでいる母親に、
(酷ですが)同情しないということです。

ちょっと誤解が生じるかもしれませんが、
この場合の同情とは、
自分も一緒になって落ち込まないということです。

かわいそうに思う気持ちは大切ですが、
介護者は、へばってはいけないのです。
いつも、元気付けていかなければいけません。
いつも、励まし続けなければいけません。

だから、あえて感情を抑えて、
タンタンと介護していくのです。

むしろ、楽しませるように、
笑わせるように工夫した方がいいかもしれません。

鬱の症状は、ややもすると感染しそうになりますが、
そこを自己防御して、日々介護を続けていきましょう。



 下記をクリックすると、関連ブログが見れます。

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 老い・老化へ にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


6.「主任ケアマネ研修」

2008/10/11 11:14
先日、主任ケアマネの研修を受けた。
全部で10日間もある研修だ。

その中で、とても興味あったのは、
沖縄大学の福祉文化学科教授の
上地武昭 先生による、
「コミュニティーソーシャルワーカー」についてだった。

浦添市の事例を紹介していたが、
非常に興味深かった。

何が興味深いかと言えば、
一人のコミュニティーソーシャルワーカーによって、
地域の人々が繋がりあい、活性化していくということ。

やがて公開される映画
「降りてゆく生き方」に通じるものがあった。

これは、様々な公的制度が補えない地域のニーズを
地域住民のために、地域住民によって行なわれる
もっとも効果的な方法だと感じた。

聞く所によると、大阪には、
そのコミュニティーソーシャルワーカーが配属されているが、
財政難により、廃止の対象だという。

地域住民にも、我慢して欲しいとの橋元知事の気持ちだろう。
できれば、自分達で、なんとか助け合って欲しいと
知事は思っていると思う。

でもやがて、財政難でいろいろな福祉が削られるなかで、
住民の問題が山積してくる。

「その問題を、住民自身でなんとかしていこう」
と知事をバックアップしてくれるのが、
実は、このコミュニティーソーシャルワーカーの役目でもある。

だから、
知事は、判断を間違っているのかもしれない。
本当は、削ってはいけない職種なのだ。
地域住民の底力を発掘する仕事だから。

これからは、地域住民が、自分たちで住みよい街づくりを
していく時代となる。

とても、重要な役目を担うことになるだろう。
非常に興味のある講義だった。


 下記をクリックすると、関連ブログが見れます。 

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 老い・老化へ にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5.「自己紹介」

2008/05/07 11:03
まず、私自身のことを話そう。

 病院の医療ソーシャルワーカー(MSW)に配置されていたが、そのうちにできた在宅介護支援センターへと配置転換された。そしてさらに介護保険が始まると、介護支援専門員(ケアマネ)として居宅介護に関わるようになってきた。

 現在、自宅では要介護3の母親を介護しながら、職場ではケアマネ業務で他者の介護相談に応じている。

 ちなみに、母親のケアマネは他にお願いしている。「医者が自分の家族のオペはしない」というのとは違うが、自分の母親のケアプランで色々悩んでいたら、他者の相談に乗っていられなくなるからだ。幸い良いケアマネに相談しているので、電話1本で即動いてくれる強力なサポート役である。(事業所も別)

 介護の問題は、要介護者、介護者だけが抱えているわけではない。各事業所が、まじめに取り組めば取り組むほど、制度の難点や、職員の資質や、家族間トラブルなど色々である。

 今後も、徒然なるままに、提案、嘆き、怒り、喜びなど書き連ねて行こうと思ってます。


 下記をクリックすると、関連ブログが見れます。 

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 老い・老化へ にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4.「ケアマネの矛盾」

2008/04/26 10:23
ケアマネという職種は、法律の矛盾に悩まされています。

法律とは、いわずと知れた介護保険のことです。

ケアマネが抱える矛盾とは、「中立公正」という建て前と、
母体施設の利益を考える一従業員としての
本音との板ばさみのことです。

中立公正を法的に謳うなら、
独立しても事業が成り立たなければ
この法律自体に矛盾があるということになります。

ケアマネがいる居宅事業所が、
独立で事業しているというのを
聞いたことがありません。
採算が取れず、独立できないからです。

とすれば、ケアマネを雇う事業所の利点とは、
もちろん、母体施設への利益があることです。

その環境の中で、
ケアマネ業務に中立公正を義務付けるのは
おかしいと思います。
もちろん、利用者の選択権を侵害することはいけませんが、
どうしても母体優先のサービス提供に偏ります。
これは、仕方のないことなのです。

しかし、仕方ないと公には言えないのです。
ちゃんと法律がこう言っているのです。
「本音と建て前を使い分けなさい」と

ああ、法律がケアマネのストレス!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2


3.「介護とは」

2008/04/17 16:19
母を介護してて思うのは、
「介護」とは,
介護されている側との戦いではなく、
つくづく自分自身との戦いだということです。

介護される側に何の罪も責任もありません。
病気で痛みを訴え、
心が癒されずに悲しみや寂しさを訴え、
やむを得ず、人に頼らずには生きていけない状態になっているのです。

そうだと十分分かっているつもりでも、
夜中何度も起こされると、
なぜかしら心に怒りが湧き起こってくるのです。

「自分のなんと小さなことか?」
と自己嫌悪になってしまいます。

臨床心理士の友達と話していたら、
(彼も母親を介護している)
彼は、その「怒り」の感情をこう説明しました。

「その怒りとは、きっと親に対する甘えなんだよ」と

確かに、言われてみればそうかもしれない。
親はしっかりしていてあたりまえだったし、
常に最後までそうであってほしいという願望があって、
そうでない現状に対して「怒り」となって現れるのかもしれない。

そんな時、良寛さんの詠んだ句が、慰めてくれる。

「裏を見せ 表を見せて 散るもみじ」

親って、常に子供の先頭にたって、
いろいろと教えてくれる存在。
人生の終わりに差し掛かって、
息子に身をもって教えてくれる。

「もし、自分が年取ったらどうなるんだろう?」


毎日、痛みを堪えて
「早く死にたい、飛び降りたい」という親に対し、
「最後まで、先祖がお迎えにくるまでは、ちゃんと頑張るように」と説得している。
「母ちゃんが頑張ると、俺も頑張らなきゃいけないから・・・」
ちゃんと、もみじの裏を見せながらでいいから、
最後まで、介護させてくれ、と願うのも甘えだろうか?



 下記をクリックすると、関連ブログが見れます。 

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 老い・老化へ にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2.脊椎管狭窄症のこと

2008/04/11 11:26
母は、初め左足のしびれ等の違和感を訴えていた。
病院受診したところ、「脊椎管狭窄賞」だと診断された。

脊椎の中に神経の束が通っているが、その脊椎管が狭くなり、
神経の束を圧迫することから症状が出るらしい。

で、治療法は、「血液の流れを良くする薬を飲むことぐらい」だと言われ
そのまま薬を内服していた。

ところが症状は半年ほどで大分悪くなってきた。
しびれや痛みがひどくなってきたのである。

それでも、医師は「病気とうまく付き合いなさい」としか言わない。
それで、人から言われて他の病院を受診することにした。

そうすると、「もう手術する方がいいですね」と言われた。
脊椎管を削って、神経を圧迫している原因そのものを
取り除くというのである。

しかし、一旦傷ついた神経が回復する保証はないとのことだった。
案の定、手術は成功したものの、しびれは相変わらず母を悩ました。

前の病院では、手術のことは一言も言わなかった。

人はなかなか症状が悪化しないと、大きな手術を決心しない。
しかし、今から考えると、しびれが酷くなる前に
つまり神経が傷つく前に、手術する方がいいのかもしれない。

神経って難しい!

母は、未だにシビレと痛みで苦しんでいる。

痛みの辛さは当人のみが分かるもの。
人には伝えることができない。

だから、介護者は、
ただ、ただ当人が病と戦うための
後方支援しかできないのだ。

時には、戦地へ出陣するのを見送るように、
また時には、負傷兵を介護するように。



 下記をクリックすると、関連ブログが見れます。 

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 老い・老化へ にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


1.はじめまして〜。

2008/04/09 15:52
家でも職場でも、介護に関わっていま〜す。
母親を介護して、もうかれこれ4年くらいになるかな〜。
母は78歳になります。

今年、6歳離れていた父親の年齢を追い越します。
母親は介護状態になるほんの2ヶ月前まで、働いていました。

人間ってあっという間に、環境が変わってしまう弱い生き物ですね。
でも、その環境の中で、しっかりと生きてく強い生き物でもあります。

私は、夜は介護ですが、昼はケアマネをしています。
でも、母のケアマネは、他所にお願いしています。
自分の担当している家族達より、自分の母親を優先しては
公平性に欠けるし、
自分のことだけ考えていては、仕事はできません。

私は個人的には、介護家族であり、
公的には、介護家族の相談に応じるケアマネです。

両方の立場を経験して、見えてくることもあります。

介護生活を通して、感じたことや考えていることなど、
これから綴っていこうと考えています。

介護に不安を感じている方や、
介護を職にしている方の
応援歌のつもりで。

どうぞよろしく。


↓クリックしてもらえると嬉しいです。(ランキング用)
にほんブログ村 介護ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

介護とケアマネの狭間で!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる