介護とケアマネの狭間で!

アクセスカウンタ

zoom RSS 7.介護の戦い

<<   作成日時 : 2008/12/05 16:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

母親を介護していて、思うことは、
介護される方も、する方も試練があるということ。

発作のために、苦しんでいる母親を見るたびに、
いっそのこと、楽にしてあげたいという感情も起ります。

でも、その感情は、
苦しんでいる母親を楽にさせてあげたいからなのか?
それとも、苦しんでいる親を見るのが辛い自分のためなのか?
そんな葛藤も日々経験します。

とにかく、介護する側が、へばったら
かわいそうなのは、介護される方です。

だから、介護すると決めたら、
ある程度、上手にストレスを解消しながらやらないと
長続きしません。

寝たきりの親を10年も自宅で看ていた息子さんから
アドバイスをもらいました。
「あらゆるサービスを使いなさい」と
そして、
「家族も楽しみを犠牲にしないようにしなさい」と

その上手い調整があって、
親身になって、疲れずに介護を続けることができるのです。

私が、実際に介護して感じたことは、
あるていど、感情を押し殺すということです。
つまり、苦しんでいる母親に、
(酷ですが)同情しないということです。

ちょっと誤解が生じるかもしれませんが、
この場合の同情とは、
自分も一緒になって落ち込まないということです。

かわいそうに思う気持ちは大切ですが、
介護者は、へばってはいけないのです。
いつも、元気付けていかなければいけません。
いつも、励まし続けなければいけません。

だから、あえて感情を抑えて、
タンタンと介護していくのです。

むしろ、楽しませるように、
笑わせるように工夫した方がいいかもしれません。

鬱の症状は、ややもすると感染しそうになりますが、
そこを自己防御して、日々介護を続けていきましょう。



 下記をクリックすると、関連ブログが見れます。

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 老い・老化へ にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7.介護の戦い 介護とケアマネの狭間で!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる